ガス料金の仕組みを知ろう

プロパンガスと都市ガスの比較について

一般住宅ではインフラとして電気や電話や上下水道とガスがあげられ、オール電化でない場合はガスを利用することになり、そのガスには都市ガスとプロパンガスとがあります。

都市ガスが整備されていない地域ではプロパンガスの採用しか選択肢はありませんが、整備されている地域であれば双方のプロパンガスと都市ガスの比較してどちらかに選択することが可能になります。大規模災害発生時のインフラの復旧は電気が最も早く、その次が水道やガスとなっています。下水処理場の被災状況にもよりますが、上水道が復旧しても排水できない状況がなければ、上水道本管の破損状態を確認後に随時再送がなされます。

同様に都市ガスでも確認後の再送は上水と同様ですが、漏洩した場合の被害は水道の比ではないため供給側は安全が確約できるまでは再送しません。この点、プロパンガスであれば個別供給であるため、宅内のガス配管の被災状況を確認した上で随時復旧ができます。昨今の災害の報道を見た施主が、新築時に都市ガス区域であるのにも関わらずプロパンガスをあえて選択する理由です。

プロパンガスは発熱量は他のガスと比較すると高いのですが、一般的に料金は高い傾向があります。電力自由化に追随して都市ガスも自由化がなされたため、電気とガスの料金セット割り引きを売りとしたプランを提案する事業者が増えています。日々のランニングコストを抑えた経済的な生活を選択するのか、有事の際の復旧の早さを選ぶのかといった難しい選択にはなりますが、それぞれの利点を比較してどちらを重要とするのかで答えが明確に出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *