ガス料金の仕組みを知ろう

一人暮らしのガス代はプロパンガスと都市ガスの比較を

進学や就職で一人暮らしをする人は多いですし、大人になって自立して家を出る人は少なくありません。

親の目も無く快適なはずの一人暮らしではあるものの、なんだか毎月のガス代が高いことに気が付くことがあります。その際にプロパンガスと都市ガスの比較があり、まずは賃貸物件のガスは何かを知ることから開始です。簡単な見分け方法がありますが、アパートやマンションの外を見まわしてみて、ガスボンベがあったらプロパンガス、ないならそこは都市ガスになります。

比較をするべきなのは基本的な料金が違うためであり、少しでも光熱費を抑えたいと望むなら確認をすることです。日本に住む世帯のおよそ半分ほどが、家庭で使用をするのがプロパンガスです。国内には2万社以上あるLP会社から、そのエリアにある業者と契約をして利用をします。無くなる前に業者がトラックを運転して、家までボンベを運んでくれるので、ガスが無くなって困ると言う心配がありません。

料理を提供するレストランや定食屋などでは、火力の強さがあるので好まれます。残りの半分は都市ガスを利用していますので、利用率の比較としてはほとんど同じくらいです。自治体のガス局や各社との契約で使い始めますが、全国には200社ほどあります。都市ガスのインフラがきちんと整えられていてこそ、契約をして使用開始をすることができるのも都市ガスです。人気がうなぎのぼりなのは料金の安さであり、比べるとプロパンガスの料金の方が高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *