ガス料金の仕組みを知ろう

プロパンガスの相場と節約術

プロパンガスの料金は、基本料金と使用した分だけ支払う従量料金の2つの料金から成り立っていますが、公共料金の都市ガスとは異なり自由価格となっているため、取扱販売店や地域によって料金相場は大きく変わっています。

地域別で見ると、基本料金の相場は北海道のみが2000円を超えており、その他の地域は1800円前後、一番安いのは沖縄県の1700円前後となっており、北から南に向かって値段が下がっているイメージとなっています。従量料金についても同様で、5立方メートルあたりおよそ6000円の北海道に対して5000前後の関東と関西、5000円を下回る九州と沖縄という相場です。

全国平均で見ると基本料金と従量料金を合わせた料金相場は4500円程度で、これは都市ガスの平均2000円と比較すると月々2倍以上の高い値段となっています。従来からプロパンガス市場は企業間での顧客の取り合いがない特殊な市場でした。その理由は、どの企業も原料にはプロパンを使用するという商品自体の差別化ができないためで、値段を下げることは利益の損失に繋がるため、敢えて競争をなくすことで高い単価を維持できるようにしたことによります。

プロパンガスの費用を抑えるためには、給湯器の電源は入れっぱなしにせずこまめに切ることや、お風呂は家族で続けて入るようにして入らないときはフタをすること、煮物料理をするときは圧力鍋で調理時間を短縮することなどが有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *