ガス料金の仕組みを知ろう

地域や設置コストによって違うプロパンガスの相場

プロパンガスを販売している民間企業には、行政から備蓄が義務付けられているので、流通が不安定になっても相場に深刻な影響を及ぼさない特徴があります。

この義務は行政にも適用され、双方合わせて使用人口の80日分の生活を賄える計算です。ただし国内の使用料の8割近くが海外からの輸入に頼っているので、輸送工程で必要な物資が高騰すれば価格も高く推移していきます。中でも充填作業に掛かるコストは高く、卸売業者が自身で充填作業を行い購入価格を安くする試みも行われています。

よって価格の激しい競争化が発生する確率も高く、北国では専門の消費者団体が結成され、プロパンガスの相場維持に努めている現象も存在します。基本料金と従量課金を統合した価格が請求され、従量課金の相場はプロパンガスの使用時期だけでなく、地域や建造物の種類によって違ってきます。最も高くなるのは山間部等配送が困難な地域で、輸送経路が整備されている都心部の場合はプロパンガスの相場も安くなります。

そして最も特徴的なのは初期契約で締結された価格設定が安く変動しない点で、この事から従量単価の平均は500円程に対して、最も安い価格は250円最も高い価格は750円の使用料に設定されています。よってプロパンガスの相場は高価格帯と安価帯の二つで構成されている特徴があり、九州地方ではここ数年大きな価格変動が無く、基本料金も安いので簡単に導入できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *